浜名湖名物

        浜名湖海苔の養殖は、1820年頃から続いています。

        この海苔は、黒海苔と青のりをブレンドしたもので、香りと独特の甘みが

        特徴です。極薄く仕上げてありますので歯触りが良く
忘れられない味です

    このカニは和名ノコギリガザミで、英語名マングローブクラブです。

    名前のようにマングローブのある所に棲息し、日本では、沖縄と、四国の

    四万十川、そして浜名湖でしか漁獲されません


    強い爪でアサリを簡単に割って食べます。胴体が丸いので胴丸と言われ

    これがなまって、地元ではドウマンと言われています。

    漁獲量が少ないカニで、沖縄で獲れるカニと味が違うのは何故でしょう


浜名湖名産
漁協の概要
トップページ
漁協の歴史
漁業の様子
漁協ニュース
資源管理
浜名湖名産